植村信保のブログ

保険アナリスト植村信保のブログ

2014年05月25日

損保の決算発表から



生損保の2014年3月期決算の発表が続いています。
3メガ損保グループは先週20日に発表がありました。

生保でもすでに上場会社と日本生命が発表しており、
来週初に主要会社の決算が出そろいそうです。


好調といわれる3メガ損保グループの決算を
ざっと眺めてみました。

料率引き上げによる保険料単価の上昇を主因に
自動車保険の損害率が大きく下がっています。

ところが、国内損保事業全体でみると、
リトンベースの損害率低下に目を奪われがちですが、
E/Iベースの損害率はたいして下がっていません
(NKSJ合算ではむしろ上昇していますね)。
やはり2月の大雪の影響が大きかったようです。

日本損害保険協会によると、2月の雪害による
保険金支払見込額は2536億円に達したそうです。
なかでも埼玉県と群馬県、それに東京都の金額が
膨らみました。
損保協会のHPへ

3メガ損保はいずれも25%超の市場シェアですが、
強い地域、弱い地域があるということなのでしょう。


グループ企業価値の拡大という点では、
国内損保事業の貢献はまだそれほど大きくありません。

株価上昇による影響が最も大きく、これに続くのが
国内生保事業の増加で、この二つが大半を占めています
(東京海上は海外保険事業も相当貢献しています)。

NKSJでは修正利益の8割を生保事業が占め、
MS&ADでも生保EVの増加が1600億円と、
グループコア利益(948億円)を大きく上回っています。
メガ損保は生保事業に支えられているのですね。

※いつものように個人的なコメントということでお願いします。

※写真は都電荒川線です。


ブログを読んで面白かった方、なるほどと思った方はクリックして下さい。

コメント一覧

今、リスク管理を考える  (2014年05月25日 22:58:33)

損保の企業価値向上の観点から見て、損保事業がまだまだで資産運用や生保事業はうまく回っているということでしょうか?それとも、損保事業に問題があるわけではなく、リスク分散がうまく機能しており、今期はたまたま損保事業が悪かったという評価でしょうか?今期はたまたまどこが良かったという事実にとどまらず、リスクアペタイトのあり方、リスクテイクの(確率的な)結果である企業価値向上という観点からコメント頂かなければ、インプリケーションに欠けるのではと感じました。

植村  (2014年05月26日 14:30:13)

今回は「メディアで言われているような話とはちょっと違いますよね」というコメントを書いたつもりです。
おっしゃるような分析・評価は私も関心がありますので、ぜひ拝見したいと思います。

コメントをする

コメント投稿には専用IDでのログインが必要になります。
IDは筆者と面識のある方や、お仕事でのやりとりがある方にのみ発行しておりますので、投稿希望の方はお問い合わせページよりご連絡ください。

ログインしていない方はコメントをされる前に必ずログインをしてください。
ログイン画面

植村信保ブログ プロフィール ライブラリー お問い合わせ