植村信保のブログ

保険アナリスト植村信保のブログ

2010年08月04日

数学のプロ リスク予測

null

2日(月)の朝日新聞に「アクチュアリー」の特集記事が載りました。
経済紙ではなく一般紙ということもあり、掲載までにかなり時間が
かかったようですが、担当者の熱意が実ったのでしょう。

単なるアクチュアリーの紹介になりがちなところを、
記事ではアクチュアリーの新たなフィールドや、
日本のアクチュアリーの現状にも踏み込んでいて
興味深い内容になっています。

「リスクを把握して経営に生かす分野に力を入れている人たち」
の例として、松山直樹さん、森本祐司さんが登場しています。
二人ともよく存じ上げている方々なので、これ以上のコメントは
やめておきましょう^^

記事の通り、「雇われている会社の殻に閉じこもり、
経営に直言できずにいるアクチュアリー」が多いのか、
そもそも経営者に進言するような問題意識を持っていない
アクチュアリーが多いのかは、なかなか難しいところです。

ただ、社内でアクチュアリーの存在感がもっと高まらなければ、
日本の保険業界は世界から取り残されてしまうのではないでしょうか。
そんなことを考えつつ、今日(4日)はアクチュアリー会の行事
(委員会等進発式)に出席していました。


※本文と写真は関係ありません。念のため。


ブログを読んで面白かった方、なるほどと思った方はクリックして下さい。

コメント一覧

ZhenYi@UK  (2010年08月06日 07:42:24)

一社目の上司(アクチュアリー)がアジアの保険会社の社長(アクチュアリー)に待遇面での事をしつこく聞かれ、他の社員と同じだと答えると驚愕されてました。

新たな事に取り組もうとするモチベーションをあげるだけの具体的な施策が営業現場にしか施されないこと、日本では「経営者に進言する」ことが会社人としての大きな「リスク」を伴うことも理由としてあるのではないでしょうか。

10年も前になりますが、当時のアジアの保険会社でも、エグゼクティブにはアクチュアリーが多かったように記憶しております。

コメントをする

コメント投稿には専用IDでのログインが必要になります。
IDは筆者と面識のある方や、お仕事でのやりとりがある方にのみ発行しておりますので、投稿希望の方はお問い合わせページよりご連絡ください。

ログインしていない方はコメントをされる前に必ずログインをしてください。
ログイン画面

植村信保ブログ プロフィール ライブラリー お問い合わせ