植村信保のブログ

保険アナリスト植村信保のブログ

2016年02月14日

国内系生保の資産運用

 

先週、生保の2015年度第3四半期(4-12月期)決算が
公表されたので、国内系生保の資産構成を中心に
9月末からの動きをざっと確認してみました。

引き続きあまり大きな変化は見られないようですが、
あえて特徴を挙げるとすれば、次の3点でしょうか。

1.「責任準備金対応債券」の減少

国内系生保10社のうち6社で小幅ながら減っています
(9月末対比。取得価額ベース)。
低金利のなかで資産長期化を見送る動きなのでしょう。

2.外貨建資産の増加

ヘッジ状況は非開示なので、ヘッジ外債を増やしたのか、
オープン外債を増やしたのかまではわかりませんが、
10社のうち8社で増えています(こちらは時価ベース)。
ただし、増加ペースは以前よりも緩やかです。

3.代替投資の増加

上半期に続き、「外国株式等」「その他の証券」を
増やしている会社が目立ちます。
中身はわかりませんが、投信・ファンドなどを購入すると
これらの区分に入ります。
他方で国内株式を増やす動きはあまり見られません。


1月以降の金融市場混乱は、国内系生保には総じて
逆風となっています。

まさかのマイナス金利政策で金利水準が一段と下がり、
株価急落、円高進行も、リスクテイクしている会社には
厳しい状況です。

もちろん、これまでの内部留保の蓄積を踏まえると、
財務の健全性を云々するような段階ではなさそうですが、
商品戦略をはじめ、今後のビジネスモデルについては
十分検討する必要がありそうですね。


※いつものように個人的なコメントということでお願いします。

※横浜アリーナが大規模改修工事を行っていました。

ブログを読んで面白かった方、なるほどと思った方はクリックして下さい。

コメント一覧

池鷺夢咲  (2016年02月27日 12:39:11)

東洋経済オンライン記事(生保、マイナス金利でリスクテイクが困難に)で、

「トンチン性の活用(死亡保障がない個人年金保険など)」

と書かれておりましたが、

「個人年金における保険料払込期間中の死亡保障が既払込保険料相当額以上」

という「暗黙の了解」を撤廃する動きがあるのでしょうか?

植村  (2016年02月27日 17:18:12)

ここではあくまで例として取り上げました。動きがあるかどうかはわかりませんが、協会長の言う「創意工夫」には、このようなものも含まれるのかもしれませんね。

コメントをする

コメント投稿には専用IDでのログインが必要になります。
IDは筆者と面識のある方や、お仕事でのやりとりがある方にのみ発行しておりますので、投稿希望の方はお問い合わせページよりご連絡ください。

ログインしていない方はコメントをされる前に必ずログインをしてください。
ログイン画面

植村信保ブログ プロフィール ライブラリー お問い合わせ