植村信保のブログ

保険アナリスト植村信保のブログ

2014年01月10日

日本の保険教育

 

12月の「保険学雑誌 第623号」(日本保険学会)のなかに
次のような記述がありました。以下に引用します
(滋賀大学・久保英也先生の論文です)。


「日本は世界の保険市場シェアにおいて生命保険分野で20%、
 損害保険分野で10%を占める保険大国であるが、
 学会はその産業基盤を十分生かしきれていない」

「本来保険の知識基盤となるべき大学において、保険についての
 基礎教育や実務にも適用する高度専門教育、そして、実務に
 資する実証的研究はほぼ放棄されているように見える」

「基礎教育は両業界の協会や生命保険文化センター、
 損害保険事業総合研究所などの団体が細々とこれを担い、
 高度専門能力はアクチュアリー会等が、そして、実務に資する
 研究は保険会社の調査部や付属研究所がこの役割を担ってきた」

「この状況は、保険業界の日本保険学会の活動への信頼感や
 各大学における保険学、とりわけ、保険経済分野における
 ステータスを減じ、大学における保険学の人事ポストの減少を
 誘因する一因となっている」

「欧米や中国等アジア諸国でも保険・リスクマネジメントは
 専門の学部さえ存在する。国際的には大学における重要分野である
 はずだが、日本だけが保険経済分野の地盤沈下が激しい状況にある」


本論文のテーマは中国の保険教育なのですが、
日本の現状をここまで明確に記したものを初めて目にしました
(「ほぼ放棄されているように見える」なんて、すごい表現ですね)。

私も関わっている、損保総研のERM経営研究会では、
テーマの一つに産学協働を挙げ、業界メンバーのほか、
保険経済分野の先生がたに参加いただいています。

実際に動きはじめてみると、そう簡単ではないことがわかります。
それでも何かできないかと模索しているところです。
構造的な面も大きそうですが、現状のままではもったいないと思います。


※いつものように個人的なコメントということでお願いします。

※香川のお雑煮は、白味噌にあんこ餅という組み合わせ。
 一度食べてみたかったのですが、念願がかないました。
 新橋の「せとうち旬彩館」で15日まで食べられますよ!


ブログを読んで面白かった方、なるほどと思った方はクリックして下さい。
| post at 00:40:19 | コメント(0)  | カテゴリー : 01. 保険経営全般 |
植村信保ブログ プロフィール ライブラリー お問い合わせ