植村信保のブログ

保険アナリスト植村信保のブログ

2015年04月29日

銀行のリスクアペタイト

 

「リスクアペタイト・フレームワークの構築」を読みました。
著者は大山剛さんです。

銀行のリスクアペタイトに関する規制当局の動向と、
銀行がどう対応したらいいか、詳細に書かれています。

大山さんは、当局によるリスクアペタイト・フレームワーク
(RAF)構築の提案を、

「金融機関の手足だけではなく、脳や神経系統まで
 縛ろうという動き」

と刺激的な表現を使っていますが、RAFそのものを
否定しているのではなく、あるべき姿から乖離した別物が
RAFとして定着してしまうことを懸念しているようです。

このあたりの議論は保険会社のERMと共通していますね。

ちなみに本書には次のようなくだりもあります。

「(リスクアペタイトの概念は)保険の世界において、
 活発に議論されていた概念である」

「保険の世界の中でいち早くRAの概念が導入された
 背景には、保険という業種そのものが『リスクを積極的に
 引き受ける』業種だということが影響している」

確かに、本書が示すRAF構築の作業ステップをみると、
銀行で言うRAFはERMに限りなく近いと感じました。



※いつものように個人的なコメントということでお願いします。

※写真はお台場です。聞こえてくるのは中国語ばかりでした。

ブログを読んで面白かった方、なるほどと思った方はクリックして下さい。

コメント一覧

花岡浩二  (2015年04月30日 10:56:38)

植村様

ブログ拝読いたしました。
確かに、ご指摘のように、銀行で言うRAFは保険会社のERMに限りなく近いと感じました。

私も保険会社を離れて日が経ちましたが、ERMは経営管理ツールとして機能し始めているのでしょうかね。
私が在籍していたころは、リスクがリスクバッファーの中に収まっているかだけを注目し、RORに全く目が行っていなかったです。
その辺のところをまた機会があれば教えてください。

植村  (2015年05月07日 23:20:26)

ここ数年でだいぶ変化した会社と、そうでもない会社が混在しているのかもしれませんね。

コメントをする

コメント投稿には専用IDでのログインが必要になります。
IDは筆者と面識のある方や、お仕事でのやりとりがある方にのみ発行しておりますので、投稿希望の方はお問い合わせページよりご連絡ください。

ログインしていない方はコメントをされる前に必ずログインをしてください。
ログイン画面

植村信保ブログ プロフィール ライブラリー お問い合わせ