植村信保のブログ

保険アナリスト植村信保のブログ

2009年08月02日

損保労連「げんき」

null

損害保険労働組合連合会(損保労連)の機関誌「GENKI(げんき)」には、
労連が開催したセミナーの講演録が載っています。
80号には、日本損害保険協会の竹井直樹さん(業務企画部長)、
金融庁監督局の長谷川靖保険課長の講演録などがありました。

以下では、私の目に留まったところをご紹介しましょう。

竹井さんの講演(3/18)は「保険自由化10年と損害保険業界」。
冒頭に損保協会の紹介があり、250名の職員のうち、
95%以上がプロパー職員ということ。
ロビー活動よりも、苦情・相談対応や業界インフラ関連業務の
ウエートが多いそうです。

竹井さんは保険自由化がもたらしたものとして、

・消費者や保険契約者の利便性の向上
・商品の複雑化
・消費者視点の欠如

を指摘したうえで、

「殺伐とした消耗戦を回避するためにも、新たな業界秩序の構築が必要」

と話し、具体策(標準約款のオーソライズと公表)を示しています。
私もよく考えてみたいと思います。


金融庁の長谷川さんは「保険監督行政の現状と課題」。
4/1の開催です。

・連結ベース(またはグループベース)で監督していくことの重要性を
 AIGの件で感じている
・大和生命から引き出せる教訓は、「ビジネスモデルの持続可能性」
 「SMRの見直しを」
・ストレステストを含めた統合的なリスク管理が非常に大事

などが財務に関する課題が話の中心だったようですが、
コンプライアンスに関して、

「若干懸念しているのは、(中略)何か保険金の支払い額は
 少ないほうがいいとする評価システム・体制がありはしないか」
「損害率に対して目標値を設定している会社がありはしないか」

というコメントもありました。

※写真は伊東温泉です。


ブログを読んで面白かった方、なるほどと思った方はクリックして下さい。
| post at 22:22:05 | コメント(0)  | カテゴリー : 12. セミナー等の感想 |
植村信保ブログ プロフィール ライブラリー お問い合わせ