植村信保のブログ

保険アナリスト植村信保のブログ

2009年06月21日

「激震 変額年金」

null

18日と19日の日経に「激震 変額年金」という記事が載りました。

AIGの信用不安、ハートフォード生命の主力商品の運用停止、
さらに今年になってから販売休止が相次いでいるわけですが、
記事ではこのような変額年金市場の異変をうまく整理しています。

私のコメントもあります。
「今回の教訓を機に、関係を正常化すべきだ」というものですが、
これだけでは何だかわからないので、少しだけ解説しますと、

・そもそも金利水準が低いなかで、「最低保証」「値上がり期待」
 「高い代理店手数料」の3つを満たすのは難しい。

・ただ、銀行の販売力を前に新規参入する保険会社が相次ぎ、
 銀行主導のマーケットになっていた。最低保証が日々上昇したり、
 リスク資産のウエートが高かったりする商品も見られるようになった。

・ところが、金融市場の混乱で、もし保険会社が破綻したり
 撤退したりした場合には、銀行も無傷ではないことがわかった。
 手数料ビジネスなので財務的なダメージはないが、
 顧客の信頼を失い、顧客基盤を棄損するおそれがあるためだ。

・もっとも、リテールビジネスを強化したい銀行にとって、
 保険・年金商品は不可欠な存在だ。
 今後は単に「いい商品」をとっかえひっかえ採用するのではなく、
 銀行と保険会社がパートナーとして長期的な関係を築いていく必要がある。 

という話をしました。
とはいえ、販売を休止したり、抑制したりという動きは続きそうですから、
今年度の変額年金の販売はかなり落ち込むのではないでしょうか。

※写真は娘からの「父の日プレゼント」です^^


ブログを読んで面白かった方、なるほどと思った方はクリックして下さい。
| post at 23:00:36 | コメント(0)  | カテゴリー : 11. コメント裏話など |
植村信保ブログ プロフィール ライブラリー お問い合わせ