植村信保のブログ

保険アナリスト植村信保のブログ

2009年02月11日

秒読み

null

いよいよ生損保の4-12月期決算が2/12、13に発表となります。
他の業界と違い、この二日間に集中しているのはなぜでしょうね。

10日の日経にコメントが載りました。
「三井生命、朝日生命、1000億円規模の最終赤字、株などで評価損」
という記事のなかで、

「(2001-03年)当時と比べて逆ざや負担も減り、契約者の解約も少ない。
 生保危機のような状況ではない」

というコメントです。

もちろん、資産価格下落の影響は決して小さくないとは思いますので、
「生保危機」ではないにせよ、今回の決算内容や期末に向けた対応を
注意してみていくつもりです。

※写真は旧奈良駅舎です。


ブログを読んで面白かった方、なるほどと思った方はクリックして下さい。
| post at 23:15:09 | コメント(0)  | カテゴリー : 11. コメント裏話など |

2009年02月03日

日経CNBCに登場しました

本日(3日)昼の番組「昼エクスプレス」にゲスト出演しました。
テーマは損保3社の統合についてです。

この番組は主に個人投資家をコア視聴者としているそうで、
本来ならば株式アナリストが登場すべきと思うのですが、
なぜか私に声がかかりました。

日経CNBC・昼エクスプレス

普通のテレビ(地上波・BS)ではないので、
お話しした内容を簡単にご紹介しますと...

どういう方針で統合を進めるのか?
→ 三井住友海上HD の傘下に、あいおいとニッセイ同和の合併会社が入る。
   持ち株会社に二つの大手損保がぶら下がる変わったスキーム。

統合の効果で企業価値は向上するか?
→ ①コスト削減が早期に進むかどうか、
   ②例えば日本生命の顧客を三井住友海上が開拓するといった
    グループシナジーが働くかどうか、
   ③今後の海外事業、などに注目している。

今回の3社統合に刺激され、再び損保再編がおこるか?
→ 経営者が決めることだが、可能性はないとは言えない。
   生保でもAIGの事業売却がある。
   ただ、再編で業界が抱えている課題が解決できるとは考えにくい。

今回の統合で業界の活性化が進むか?
→ 規制緩和が進んだ今も、損保業界は古いビジネスモデルを引きずっている。
   規模が小さい代理店を多く抱えていることからくる効率性の低さ、
   多額の政策保有株式の存在などである。
   再編とともに、新しい時代に合ったビジネスモデルの再構築が必要だ。

全部で10分ほどあったのでゆっくり話をしたところ、
ふと時計を見ると、残り12秒となっていて、最後はあわてました。
やはりテレビは難しいです。


ブログを読んで面白かった方、なるほどと思った方はクリックして下さい。
| post at 23:45:37 | コメント(0)  | カテゴリー : 11. コメント裏話など |
植村信保ブログ プロフィール ライブラリー お問い合わせ