植村信保のブログ

保険アナリスト植村信保のブログ

2015年03月29日

外資系生保の市場シェア

 

最近、外資系生保について調べる機会がありました。

2013年度末の市場シェアは、保険料等収入で3割弱、
総資産で14%(かんぽ生命を除くと19%)です。

意外に小さいと見るか、あるいは、大きいと見るかは
人により違うとは思いますが、銀行や損保に比べると、
生保では外資系の存在感がかなり大きいと言えそうです。

日本の生保市場で外資系の存在感が高まったのは
2000年代前半のこと。それ以前の外資系の存在感は
非常に小さなものでした。

外資系生保の会社数(支店形態を含む)は、
1999年度末の9社から、2001年度末には17社に増加。
総資産シェアは1999年度末の4.0%から、2001年度末に
10.5%、2004年度末には14.7%となりました。

その後も外資系生保の総資産シェアは上昇基調ですが、
当時に比べると緩やかです(会社数は横ばい)。

2000年代前半に外資系生保の存在感が高まったのは、
経営不振・停滞に陥っていた既存生保の買収のほか、
国内系生保への不安感や不信感、チャネル規制の緩和
(銀行窓販の解禁など)などがありました。

現在、日本勢による海外進出の機運が高まっています。
過去の日本の例を見ると、外資(先進国)系だからといって
市場シェアを獲得できるわけではなく、環境要因も大きい
ということがわかります。


※いつものように個人的なコメントということでお願いします。

※写真は井の頭公園です。

ブログを読んで面白かった方、なるほどと思った方はクリックして下さい。

コメント一覧

坂本嘉輝  (2015年03月30日 08:31:15)

植村さん、

一時払い保険料はどのよう扱っているんですか?

植村  (2015年03月30日 10:33:34)

保険料等収入のほうは公表数値そのものです(特段修正していません)。

市場シェアをどの指標で見るかは悩ましいところです。保険料等収入ではご指摘の一時払保険料の大小で数値が激しく動いてしまいますし、年換算保険料はよさそうなのですが、例えば個人年金の場合、運用期間で割ることになっているためか、例えば早期に年金開始後契約になってしまう商品だと、極端な場合1年で割ることもあります。数値をご覧いただくとわかるのですが、大手だけを比べるのであればいいのですが、業界全体ではむしろミスリードとなってしまいます。そうかといって、契約高では第三分野がほとんど反映されず、契約件数ではN社やA社のような組合せ型商品を主力とする会社が異常値となってしまいます。

ここでは外資系生保の存在感を示すのが目的なので、総資産シェアの推移を取り上げました。

コメントをする

コメント投稿には専用IDでのログインが必要になります。
IDは筆者と面識のある方や、お仕事でのやりとりがある方にのみ発行しておりますので、投稿希望の方はお問い合わせページよりご連絡ください。

ログインしていない方はコメントをされる前に必ずログインをしてください。
ログイン画面

植村信保ブログ プロフィール ライブラリー お問い合わせ