植村信保のブログ

保険アナリスト植村信保のブログ

2010年11月06日

日本の損保市場

null null

報道によると、大手損保の10月の保険料収入は
エコカー補助金の終了などを受け、5社中2社で減収となったそうです。
損保の収入は自動車保険の動向に左右されます。

ところで、たまたま損保協会のHPで種目別統計表を確認する
機会があり、改めていろいろな発見がありました。
業界のかたには当たり前の話ばかりかもしれません...

まず目を引いたのは、傷害保険です。
傷害保険といえば「積立保険」というイメージがありました。
ところが、今や積立以外の保険料のほうが多いのですね。

2009年度の元受正味保険料(収入積立保険料を含む)は、
積立が3907億円、積立以外が6348億円です。
確かに今の金利水準では、貯蓄性を重視した積立保険
の提供は難しいのでしょうね。


主要種目を大きい順に並べると、自動車(3.4兆円)、
火災(1.4兆円)、傷害(1.0兆円、除く積立では6500億円)、
自賠責(8000億円)となります。
これに続く種目は何だかわかりますか?

答えは賠償責任で4747億円もあります。
他の種目が伸び悩むなかで、賠責だけは右肩上がり。
10年前の1.5倍、15年前の2倍近い規模まで成長しました。

日本企業のリスクマネジメント意識の低さは
しばしば指摘されるところです。
それでも時代は徐々に変わりつつあるのかもしれません
(もちろん、このデータだけで判断するわけにはいきませんが)。


※写真は前回に続き、金沢区の海岸です。

ブログを読んで面白かった方、なるほどと思った方はクリックして下さい。
| post at 17:11:47 | コメント(0)  | カテゴリー : 03. 保険市場の動向 |
植村信保ブログ プロフィール ライブラリー お問い合わせ