植村信保のブログ

保険アナリスト植村信保のブログ

2009年08月30日

ソルベンシー・マージン比率の見直し案公表

null null

総選挙は自民党の歴史的な敗北となりました。
民主党政権になって何が変わるのでしょうか。
せっかく単独過半数をおさえたのですから、
単なる人気取りだけは勘弁してほしいです。

さて、金融庁は28日に保険会社の健全指標の一つである、
ソルベンシー・マージン比率(SMR)の見直し案を公表しました。

金融庁HPへ

もともと金融庁は2007年4月の検討チーム報告書を受けて、
2008年2月に見直し案を公表し、意見募集を行っていました。
しかし、その後の金融危機発生や大和生命破綻を踏まえ、
当初の見直し案を修正し、再度、意見募集を行うことにしたものです。

今回の修正見直し案は、概ね当初の案に沿ったものですが、
証券化商品や金融保証保険のリスク認識強化は当然として、
「全期チルメル式責任準備金超過部分」+「劣後特約付き債務」に
中核的支払余力の範囲内という算入限度が設けられたのは
ちょっと驚きました。

各社のSMRの内訳をみるとわかりますが、「全期チルメル式云々」は
かなりの金額を占めており、中核的支払余力の取り崩しが相次いだ
2009/3末時点では、いくつかの国内系生保で限度額を超えています。
何らかの要因でさらに中核的支払余力を取り崩すとなると、
同時に「全期チルメル式云々」も算入できなくなるため、
SMRが大きく下がることになりそうです。

今回の見直し案が実現すれば、大手生保のSMRは現行の半分程度、
大手損保は3割程度下がるとのことです。
ただ、国際的にはより厳しい規制見直しが進んでおり、
今回の見直しはそこに至るまでの暫定措置にすぎません。

朝日と日経に私のコメントが載っていますので、ご紹介します。

「今回の改定は、比率の信頼性を高めるための第一歩。
 上位生保の経営方針を変えるほどのインパクトはまだないが、
 金融危機で体力を失った生保ほど厳しい経営環境に
 なっていくのは間違いない」(朝日)

「保険会社はこれまで以上に身の丈に合った経営を迫られる」(日経)

※写真はアトランタです。噴水でちびっこたちが遊んでいました。


ブログを読んで面白かった方、なるほどと思った方はクリックして下さい。
| post at 23:03:35 | コメント(0)  | カテゴリー : 07. 規制・会計基準 |

2009年08月27日

個人年金市場への新規参入

 null

ソニー生命と、オランダに本拠を置くエイゴングループの合弁会社
「ソニーライフ・エイゴン生命保険」が生命保険業の免許を取得しました。
金融庁HPへ

準備会社の設立が2007年8月ですから、免許を取得するまでに
かなりの時間がかかりました。これも金融危機の影響なのでしょうか。

変額年金市場では、資産残高で上位5社のうち2社が撤退、
1社が主力商品の販売を停止するという異常事態が生じています。
他方、三井住友海上メットライフ生命やT&Dフィナンシャル生命、
第一フロンティア生命などのように健闘している会社もあります。

最低保証リスクの管理がきちんとできるのであれば(ここが重要)、
競争状況が緩んだため、残存者メリットがありそうです。
高かった代理店手数料の引き下げも可能でしょう。
この時期の新規参入は、実はそれほど悪くないのかもしれません。

日本ほどではありませんが、米国でも販売シェアがかなり動いています。
LIMRAによると、INGやAIG、ハートフォードがシェアを落とす一方、
メットライフやプルデンシャルは、むしろ昨年を上回る勢いです。


ブログを読んで面白かった方、なるほどと思った方はクリックして下さい。
| post at 22:12:55 | コメント(2)  | カテゴリー : 01. 保険経営全般 |

2009年08月25日

米国便り(その6)

null null

出張報告の最終回。
米国で日本の存在感が小さくなったという声をしばしば耳にしますが、
そもそも一般の米国人は外国への関心があまり高くないように思います。

例えば、テレビのニュース番組。全国ネットの朝のニュースでは
セントラルパークに雷が落ちたことは伝えても、
海外関連のニュースはほとんど流れませんでした。

たまたま海外で大きなニュースがなかったからかもしれませんが、
日本のニュースよりもはるかに内向きという印象です。
もっとも、米軍のいるアフガニスタンやイラクのニュースはありました。

スポーツニュースも野球の大リーグとアメフトのキャンプ(?)ばかり。
米国選手が活躍していないからか、世界陸上は見かけませんでした。

※写真はセントラルパークです。
 以前よりもサイクリングをしている人が増えたように思います。


ブログを読んで面白かった方、なるほどと思った方はクリックして下さい。
| post at 23:37:46 | コメント(2)  | カテゴリー : 10. 出張報告 |

2009年08月23日

米国便り(その5)

null null

日本に帰ってきました。

・AIGが米国内の生保・年金事業 (アメリカン・ジェネラルとサンアメリカ)
 の統合を発表
・メットライフが米国生保事業(個人保険部門、団体保険部門)の統合を発表

いずれも出張の少し前に発表されたニュースです。

AIGがアメリカン・ジェネラル、サンアメリカを買収してから
すでに何年もたっているのですが、同じ生保分野とはいえ、
それぞれ独立して運営されてきました。
メットライフも中核会社のメトロポリタン生命に加え、トラベラーズや
ニューイングランドなど、買収により事業を拡大してきました。

今回のグループ内再編は、普通に考えれば効率化を狙ったものと言えそうです。
ただ、日本とは違う、米国的な事情もあるようです。

日本の会社と比べ、一般に米国の会社では自分の仕事の範囲と責任が
明確に決まっています。担当者は組織全体に目を配るよりも、
まずは自らの責任を果たすことが求められます。

部門のトップであっても同じことで、他の部門と組んでシナジー効果を
求めるよりも、自らの部門で成果を上げたほうが評価されるようです。
ですから、日本の経営統合以上にシナジー効果が生まれにくいという
土壌があるように思います。

経営統合により少なくともCEOなど経営陣が一元化されるので、
グループ内でバラバラに運営していた時よりに比べ、
統一感のある経営を志向することができるでしょう。
もちろん、限界はあると思いますが。

※写真はブルックリンから見たマンハッタンです。


ブログを読んで面白かった方、なるほどと思った方はクリックして下さい。
| post at 23:50:33 | コメント(0)  | カテゴリー : 10. 出張報告 |

2009年08月20日

米国便り(その4)

 

火曜日からニューヨークにいます。
観光地ということもあり、「どこが不景気なの?」という感じです。

米国政府が数ヶ月前に行った「ストレステスト」の公表以降、
金融機関への信用不安はかなり遠のいた感がありました。
ところが、どうもそうではないらしい、というのが当地で得た感触です。

金融機関は預金を積極的に増やす一方、依然としてかなりの
キャッシュを抱えています。あえて逆ざやに甘んじているわけです。
そして、個人向けローンや商業用不動産向けローンの焦げ付きが
本格化する兆しがあります。

他方、大手生保を見ると、「質への逃避」が顕著です。
しかも、昨年後半の「変額から定額」「伝統生保への回帰」とは違い、
大手生保の一部では変額年金の販売が好調です。
この資金はどこに向かわず、変額年金に行ったのでしょうか。

なかなか判断が難しい局面ですが、あまり楽観視しないほうがよさそうです。


ブログを読んで面白かった方、なるほどと思った方はクリックして下さい。
| post at 12:09:40 | コメント(0)  | カテゴリー : 10. 出張報告 |

2009年08月18日

米国便り(その3)

 

今回の出張ではいくつかの地方都市に滞在し、
そこで生活する日本人の方々にお世話になりました。m(_ _)m

皆さんに共通したコメントに、「汗をかかない生活」というのがありました。
アトランタやコロンビアといった南部の都市では
夏はかなりの暑さになります。40度近いこともあるようです。
湿気もそれなりに多いです。

しかし、どこへ行っても冷房があり、移動はすべて車となると、
暑かろうがジメジメだろうがほとんど関係ありません。
外気に触れるのは建物から駐車場までのわずかな時間だけ。
これでは汗をかくことはありませんよね。

フィットネスセンターでトレーニングをするなど、自ら運動でもしないと
ほとんど汗をかく機会がないそうです。

仕事で会ったこちらの米国人女性も、
「東京に行くと暑くて大変よ。外を動くことが多いから」
と話していました。

もっとも、日本の地方都市でも似たようなものかもしれません。
ただ、これに当地の食生活が加わります。肉食中心で油や糖分が多く、
何よりボリュームがすごい。しかも、こちらの皆さんはペロッと平らげます。

一般に日本人は40歳すぎたら代謝が下がり太りやすくなりますが、
こちらではもっと早い段階から代謝を上回るエネルギーをため込んでしまうでしょう。
太っている人が多いのも理解できます。

※写真はミルウォーキー。シカゴの北にあります。
 ビールの町としても有名です。


ブログを読んで面白かった方、なるほどと思った方はクリックして下さい。
| post at 23:52:01 | コメント(0)  | カテゴリー : 10. 出張報告 |

2009年08月16日

米国便り(その2)

 

米国には日本のような健康保険制度がありません(高齢者、障害者を除く)。
無保険者は全米で4570万人(国民の約15%)に達しています。
そこでオバマ大統領は公的保険制度を創設し、無保険者をなくそうとしています。

しかし、この医療保険改革に対する反対意見も非常に多いため、
オバマ大統領は全米各地でタウンミーティングを開き、
国民の理解を得ようという作戦を展開しています。
テレビでは連日ミーティングの様子が大きく取り上げられています。

国民皆保険が実現しない背景には、民間保険会社や医療サービス関係者の
反対もさることながら、「自分のことは自分で」という国民性、あるいは、
連邦政府が大きくなることへの不安感などがあるようです。

保険会社の監督が依然として州単位であることや、
あれだけ乱射事件が起きても、現在も銃を簡単に買えることなど、
米国は私の想像以上に「自由」と「自己責任」の国のようです。

基本的に政府への信頼感が強く、お上への依存心が強い日本とは
大違いですね。

※写真はチャールストン。独立戦争や南北戦争ゆかりの地です。
 18世紀の建物がたくさん保存されています。

ブログを読んで面白かった方、なるほどと思った方はクリックして下さい。
| post at 11:45:58 | コメント(0)  | カテゴリー : 10. 出張報告 |

2009年08月14日

米国出張200908

 

世間はお盆休みですが、私はしばらく仕事で米国にいます。
前回は昨年11月だったので、約9ヶ月ぶりの訪米です。

日本で新聞やニュースを見るかぎりでは、米国は最悪期を脱した
という雰囲気ですが、果たして本当にそうなのでしょうか。
現地でいろいろ見たり聞いたりできればと思っています。

今日は朝から午後3時すぎまでミーティング。
ランチも同じ会議室でサンドイッチをいただきましたが、
英語で話をしながらのランチなので、なかなか辛いです
(私はほとんど聞き役でしたが...)

米国の会社とのミーティングでは、お茶やコーヒーのほかに
甘いお菓子を用意してあることが多いですね。
飲み物もコーラやジュースなど、種類がいろいろありました。


ブログを読んで面白かった方、なるほどと思った方はクリックして下さい。
| post at 05:41:50 | コメント(0)  | カテゴリー : 10. 出張報告 |

2009年08月11日

思い込み

null null

父、私、息子の3人でお伊勢参りに行きました。
この組み合わせでの旅は初めて。
参道の店を冷やかしたり、古い町並みを訪ねたり。
父子3代の旅もなかなかいいものです。

面白いことに、旅館の仲居さんや喫茶店の店員さんなど
旅先で会った人たちの多くは「お父さんと2人の息子の旅行」
と勘違いしていました。
あとからわかって、息子に「ごめんね」と謝ることもしばしばでした。

息子の身長は170cm近くありますが、顔を見れば中学生そのもの。
私と兄弟というのはかなり無理があります。
二人で出かけて兄弟に間違えられたことはほとんどありません。
他方、私と父の関係は「親子」と認識されるようです。

どうやら、孫というと小学生以下の小さい子、という思い込みが
多くの人にはあるようなのですね。
だから、見かけの大きい息子をなかなか孫とは認識しなかったのでしょう。
面白いものです。


今週(10日)のプロ代理店向け有料メールマガジンinswatchには
私の原稿が載っています。
テーマは「RINGオープンセミナー・番外編」です。
inswatchのHPはこちら
ご参考まで。

※写真は伊勢神宮と赤福本店です。


ブログを読んで面白かった方、なるほどと思った方はクリックして下さい。
| post at 23:29:42 | コメント(0)  | カテゴリー : 16. その他 |

2009年08月09日

保険学セミナー懇談会



先月のことですが、保険学会の先生たちの会合で
2008年度の生保決算について話をする機会がありました。
例年は業界関係者が解説していたようですが、
今年は「中立的なアナリストの立場から話してほしい」と
私にお鉢が回ってきました。

同じ生保決算の話でも、相手によって関心事項や知識の水準が違うので、
できるだけ中身を変えてスピーチするようにしています。
ただ、一口に大学の先生といっても専門はバラバラでしょうし、
今回は目線をどこに合わせればいいか悩みました。

幸い大阪でも東京でもそこそこ質問があったので、
とりあえずホッとしました。

主な質問は「株式保有をどう考えるか」「相互会社と株式会社」
「生保は支払い余力をどうやって回復するのか」などなど。
覚悟していた(?)「答えに困る」質問もほとんどなく、
熱心に聞いていただけたように感じました。

反対に東京では私から、

「相互会社と株式会社の優劣にしても、健全性規制にしても
 米国のように実証分析などを通じてアカデミズムが果たせる役割は
 もっと多いのではないか」

といった話もさせていただきました。

また、大阪では若手の先生がたと二次会、三次会とお付き合いいただき、
交流を深めることもできました。
保険業界と同様に、学会も岐路に立っているのは間違いなさそうです。
このあたりの話は別の機会にでも。

なお、スピーチの内容と全く同じではありませんが、
8/17の週刊金融財政事情に08年度生保決算の分析記事が
掲載される予定です。機会があればご覧いただければと思います。

※写真は名古屋の味噌煮込みうどんです。


ブログを読んで面白かった方、なるほどと思った方はクリックして下さい。
| post at 21:02:01 | コメント(0)  | カテゴリー : 11. コメント裏話など |
植村信保ブログ プロフィール ライブラリー お問い合わせ